りょうのPink☆Lotusブログ

terra otto akemiさんから大切な事を学ばせていただいています
2017/06/25 22:57 ryoko

今日思ったこと。

今日、夢を見ました。


起きてから、ありがたさと、優しいものが残っていました。

優しさ、
愛を出していくこと、
出来ていない自分から目をそらさずにいること、
少しでも良い方へ向く努力を続けること。

夢の中である女性がニコニコされていて、とても美しいなぁと思いました。
笑顔は、拡がりますね。




息子が、ものすごい努力を続けて、結果を出しています。
純粋な努力は強い、とここ最近様々なことから教えていただいています。

純粋なものは、強いです。

精神的に強くなりたいです。


そうあれるためには、やはりやることを、やる。
経験、体験をありがたくさせていただいて、そこからのものを拡げるにはどうすればと考えています。



スポンサーサイト
2017/06/08 11:07 ryoko

akemiさん、有り難うございました

akemiさんがブログを終了されました事と、最後に載せてくださった愛の溢れる文章を読ませていただきました。

いままでブログを毎日更新してくださり、御言葉に、行動に、セッションにクリスタルに・・・・まだまだ、数えきれない愛を、本当に沢山の愛をありがとうございました。


akemiさんに教えていただいたことを胸に、行動していきたいと思います。
行動をしていくのは、大切なことを教えていただいた私たちなのだと思います。



本当に本当に、ありがとうございました。

2017/06/04 08:10 ryoko

祖母のケアをさせていただいていて

祖母の介護用の浴用椅子など等を用意することになりました。

というのも、祖母が浴室内で転けてしまったり、足元がふらつくなどが時々ありました。

介護認定を受けさせていただいたり、仕事で祖母以外家に居ない日中は叔母が来てくれたりと皆で祖母を見守っている感じです。

認知症がひどい状態などではないですが、体調の事もあり、一緒に暮らしている私たちだけでは配慮が難しいと思う所があります。

今まで以上に親戚で話し合ったり、協力する事が増えました。


ありがたいなぁと思います。


祖母も、叔母や叔父や従姉妹に会えて嬉しそうです☺


私は昔、本当に祖母に感謝が足りなかったと思うので、今出来ることをしたいと思っています。
些細な事しか出来ていないので、もっと細かく見ていきたいです。
なんでもかんでもさせていただくわけではなく、祖母の持っている能力も発揮しながら生活出来たらいいなぁと思います。
(祖母は洗濯物を畳むのがとても丁寧で綺麗だったりします✨)


従姉妹の姉が、仕事柄(看護師です)、患者さんの家族ケアなどもするという話をしてくれた中で、介護する家族の辛い部分などは、介護した経験があるかないかで理解が大きく違うと思うと話してくれました。

経験していれば、その立場の方に接する事になった時、思いやれる部分、見える部分が違うんだなと思いました。


今、祖母は貴重な体験を私達にさせてくれているんだと思います。


ありがたいです。






2017/06/01 21:53 ryoko

夕方の夢

夕方、少し眠ったとき、夢を見ました。



パイ生地のようなものを使って、お菓子を焼いているようでした。
私は作っている途中で、過程をまちがってしまったことに気付きました。


あっ💦焼くはずじゃなかったほうをオーブンに入れてしまったなぁ💦


もう綺麗な焼き色が付き始めていたので、途中で出すのはやめました。


それからどう作業したのかは忘れてしまったのですが、出来上がったお菓子が目の前にあり、皆さんにふるまっていました。

出来たお菓子は、今まで見たこともないような斬新で、とても可愛く、美味しそうな出来でした。
思っていたのとちがうけれど、こちらの方が、ずっとずっと良い✨✨
そう思ったところで目が覚めました。


今まで持っていた既成の概念をとっぱらう。
そしたらとてもワクワクが出てくる。
それまでの感覚では思いもつかないものが出来上がるんだなぁ、という体験をさせていただいたように思います。
ありがとうございます✨



現実では最近、こどもたちの事でワクワクしています。
私の源は、こどもさんたちの事とも関係あるのかもしれません。

こどもたちは毎日出来ることが更新されていて、古いものは持ち越さないようにも見えます。
小さなお子さんほどそうな気がします。

私も小さな師達に習って、古いものを一掃したいです。
2017/05/28 22:41 ryoko

今朝の夢より

今朝、まるで一本の映画のような夢を見ました。
きっかりと起承転結があり、とてもとてもリアルな夢でした。


夢の始まりは、残酷な内容で、思い出したくもないのですが、起きてもしっかり覚えていました。

夢のラストはジェットコースターのように目まぐるしい展開でした。

透明な素材で出来た船が出てきました。
私は仲間何人かと一緒に何者かと闘っているようでした。
残酷な事をした一派のひとりが、私たちの乗っている透明な船に爆弾のような小さな楕円形の物を付けました。
私は仲間内で最後に船に乗り込んでいて、その爆弾を取らなくては、と思ったら一瞬で船の何センチかしかない幅の船の部品の上を駆け抜けて、足でキックして取っていました。

爆弾は当たらず、間一髪で私も船内へと滑り込みました。

船が水面に浮き上がると、沢山の方々が明るい笑顔で船の周りを取り囲んでいました。
見たことのないような世界の方々でした。

遠くのほうで良くない事をした一派がどなたかに連れていかれているのが見えました。



夢の初めの恐い部分は、まだ愛でない部分が私の中にあるから、分かりやすく見せていただいたのではないかと思いました。
エゴや、欲が完全に取れていないのではないかと思います。

見つめていくしかありません。