りょうのPink☆Lotusブログ

- terra otto akemiさんから大切な事を学ばせていただいています

20171008

夢と、腑に落ちた感覚と。
今朝、夢をいくつか見ました。
断片的に覚えていました。

ひとつは、身体がふわっふわに浮いていくもの。
ふわふわが心地よくて、とても軽くて、ワクワクしていました。
目が覚めて、その事を誰かに話していました。
が、その後また目が覚めて、夢?現実に起こったこと?となりました。
誰かに話したことも、夢だったようです。

もうひとつは、とても面白い丼を目にしている夢でした。
実際には見たことのない、ユニークな丼のご飯でした。
面白い~!どうやって食べるの??
と思っていました。


どちらも楽しい感覚が、目が覚めても残っていました。
楽しい、をもっともっと膨らませたいなぁと思いました。


そして、今日ふと、本当にふと、ある事が雷に打たれたように突然解りました。
それは、学びはひとりのものではない、ということです。
今まで、自分に起こる出来事は、自分の学びだと思っていたけれど、周りにとっても影響するものなんだ、と腑に落ちました。
今まで自分中心に見ていたから、そこに気付けなかったんだと思いました。
この感覚は、初めてのものでした。

昔観たお話などでも、今になって気付くことがいくつもあります。
もっと視野を拡げて、気付けなかったんだことに、気付いていきたいし、どんどん更新したいと思いました。


ありがたいです。



スポンサーサイト
trackback (-) | comment (0) | 日記

20170927

自己的です
今朝の夢は、部屋にたくさんの虫がいる夢でした。
うわっ!見たくない、と部屋を出ましたが、その部屋の鍵穴から中の虫が出てきて、結局退治する、という内容でした。


そして話はかわりますが現在、私の手先が荒れてしまっていて、なかなか治りません。
今日は鼻にも出来物が出来てしまいました。
鼻は顔の中心にあるので、ふと、自分中心の思考だから、それを教えてくれているんだ、と思いました。

夢の内容と併せても、私の見直しが必要な部分が満載です。

目を背けても、問題は解決しません。
自分の自己的な部分の見直しをもう一度深くしていきます。



trackback (-) | comment (0) | 日記

20170916

いくつもに繋がっていました
このところ、自分の記憶がすごく曖昧だという事が気にかかっていました。
だれかと話をするときも、その時は一生懸命に思い出して確かこうだった、
とお話しするのですが、後でその同じ事を体験した別の方にお聞きすると、違っていたりして、あ!そうだったか、訂正しておかねばとなります。
真実と違うことを話してしまったら、迷惑を掛けてしまいますので、慎重さを反省しています。申し訳ないです。

もう少しこのことを深く見て・・・

なぜ、違っていることを真実と思い込んでいるのか、自分の傾向を見ていっています。
自分本位な取り方をしているのだと思います。
自分中心に考えてしまっているのです。
うわっとなりました。
とても恥ずかしいです。

そしてもっと見直していくと、どんどん反省する部分に繋がり、先日ふと思い出した過去のことにも繋がったりしました。

過去の事で思い出したことは、息子が小学生の頃に起きた、故意では決してないけれど、怪我をさせられた事です。
瞳の怪我でしたので、学校から連絡をもらった時に、全身の血の気が引いたことを思い出しました。
その時は、相手は故意ではないし、とその子どもさんも、親御さんも責めたりしないように努めていましたが、思い出してもわっとなったという事は、自分の中でネガティブな思いが残っていたんだと気付きました。

その当時の細かい事は思い出せませんが、お相手のかたは、その方のやり方で一生懸命に謝ってくださったくださったのかもしれません。記憶があいまいという事で、自分の取り方でしか物を見られていなかったです。
そして、私も同じように、誰かを傷つけて、それでも許してもらっているのかもしれないのに、と思いました。
全力で想いやる、という事が私に欠けていると思いました。
このことに気付けたら、その当時の方への気持ちがスッと変わったのに気付きました。
軽くなっていました。
何年もかかってしまいまいました。


猛烈に恥ずかしいですが、気付けて良かったです。



ひとつの反省は、いくつもに繋がっている、と実感しました。
ありがたいです。






trackback (-) | comment (0) | 日記

20170911

楽しいをプラスしたら
運動会の練習で、ダンスの練習も、こどもたちと行っています。

実は、私は小さい頃からダンスが苦手でした。
いえ、とても幼い頃は、歌ったり、踊ったり、自由にしていた気がするのですが(写真に残っています)、小学生の頃には、行事で行われるダンスが苦手となっていました。
どうしても、型通りに動けなかったりして、右手と右足が一緒に出てしまったり・・・
思えば、人からどう見られるか、とか、うまくやらなきゃ、なんて余計な思いから、どんどん動けなくなった気がします。
自分で自由を奪っていたような。
がちがちになっていたら、そりゃ動けないわ、楽しいからはほど遠いわと



今、こどもたちとダンスをするのが楽しいです

今日、どうして楽しくなっているんだろ?とふと思いました。



以前は、余計なものに囚われてばかりいて、楽しむことを忘れていたからだ、と思いました。

個性豊かなこどもたちの、自由な楽しそうな様子もまた、
楽しいを沸かせてくれたのかもしれません



楽しいがどんなに軽くて明るいものか、改めて知れています。
ありがたいなぁと思います





話は変わりますが、昨日、家族で外で遊んでいる時に、結構な高さから飛び降り損ねて、
顔面からこけてしまいました。
唇を怪我してしまい、痛かったものの、どこもひねったり、ひどい事になっていません。

ちょっとびっくりする位、一日で治ってきています。
身体の細胞が頑張ってくれているし、感謝です。
もっと落ち着きととっさの判断について見直ししました。
この経験でまたひとつ、肉体についても概念が吹っ飛んでしまったように感じました。









trackback (-) | comment (0) | 日記

20170910

こどもたちから
仕事場で、こどもたちの可能性をもっと拡げるには?と考える機会が、最近とても多いです。

近々、運動会が催されるので、今は練習真っ最中です。
一年経てば、躍りも種目も、少しレベルアップしたものとなります。



私の仕事場でお世話させていただいているこどもたちは、その子それぞれの障害を持っています。
スペシャルニーズ、支援の必要なお子さんたちです。
見える部分というより、脳など傍目からは見えにくい部分の障害です。
接させていただいていると、言葉ではなく、目のまばたきで合図してくれているんだ!と気付いたり、本当に毎日学ばさせていただいています。


その子たちの持つ個性や可能性を広げて生かすにはどうすればいいのかと先生方や保護者の方と話ながら進めています。
様々な意見が出るので、色んな方面から見られる機会もいただいていて、ありがたいなと思います。


こどもたちの成長には、本当に目を見張るものがあり、日々、教えてもらっているのはこちらのほうだなぁとハッとします。


サポートさせていただくには、私自身の成長がないと、と強く思います。



今朝の夢は、あるお子さんのお父さんが出てこられました。(実際にはお父さんにお会いしたことはありません)

お父さんは、こどものためになるのか!と怒っておられました。
私は、その怒られていることはなんだかちがう?と感じているようでしたが、流されそうになっている部分もありました。
何が本当にその子のためとはどういうことか、保護者の方のお気持ちにも立ち、選択していかなければと起きてから思いました。
愛が大事と思いました。





trackback (-) | comment (0) | 日記
  • ryoko