FC2ブログ
Welcome to my blog

改めてこどもたちから・・・

こどもたちの存在は、本当に多くの学びをくれるなぁと思います。

以前の私は、恥ずかしながら学校の規律というものにこどもたちを囲ってしまっていた部分があります。
学校の方針だから、決まりだから、その枠をはみ出ないように。
時間内に終わらせる、なんてことにも重きを置いてしまっていました。

先日、akemiさんのセッションを受けられた方々とお話しさせていただく機会がありました。
とても貴重でありがたい時間を過ごさせていただきました。
akemiさんご自身の子育てのお話しなど、お話しくださったことを共有させてもらう中で、こどもさんの事が出てきました。
そのお話を聞かせてもらい、その後、改めて今の仕事について、こどもたちについて考えさせていただきました。

今までこどもたちの個性を生かしていたといえるのか
どんなに小さな選択でも、その子の選択に任せていたか
自分で考える、を大切に・・・・

私の仕事、今できることは、こどもたちの個性が伸びるように。
声かけや心もちを変えることでもっと出来ることがあるのかもしれない。

実際、こどもたちに掛ける言葉が明るいと、元々のその子の明るさがぱぁっと出るというか、
一帯が電圧を変えたみたいに(というのもおかしいかもですが)明るくなります。
反対に耳触りが良くなく聞こえる言葉(叱られるではなく怒られるなど)を掛けられている子を見ると、もう一瞬でしゅんとなるように感じます。

私自身、こどもさんのする言動や行動にどう答えていいのか迷ってしまうときもあります。
どうすれば伝わるのか。模索しています。
その場で見直しても足りないときは、帰ってもう一度反省すると、自分の配慮の足りなさを指摘してくれる出来事だったんだ、と後で気付くこともあります。


そんな風にたくさん、たくさん、考えさせていただきました。


自分の足りない部分も見ていくと、強い意志や良い意味で孤独に強くなるなども出てきました。
足りない部分、改善していこうと思います。




今、この見直しの機会がありがたくてたまりません。






スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply